メンズ

インカムをレンタルするとコストを大幅に削減できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境へ配慮する二つの方法

インク

企業努力と環境調和

環境に対する配慮を行っていくことは企業にとって欠かせないこととなっていますが、企業において行われている用紙への印刷の膨大さは大きな問題の一つでしょう。それに対するソリューションとして二つの方法があります。一つはトナーをリサイクルすることであり、少なくともドラムなどの消費を減らすことができるでしょう。もう一つは東芝の開発したトナーを利用する方法です。東芝では環境調和を考えたソリューションの一つとして印字を消し去ることができるトナーを市場に提供しています。東芝の複合機を購入して運用することにより、用紙をリサイクルして利用できるようになるため、環境に配慮した取り組みをしていることを企業として示せるようになるのです。

目を向ける対象の違い

リサイクルを行うことによって印刷に関わる環境への負荷を軽減するというアプローチは基本的なものですが、目を向ける対象を変えたのが東芝のトナーです。トナー本体をリサイクルして再充填と整備を行うことによりプラスチックの浪費を減らすようにするというアプローチが印刷業界ではよく行われてきました。それに対して同じトナーに着目しながらも、用紙をリサイクルできるようにするという考え方を持ち出したのが東芝のアプローチです。注目しておくと良いのはこの二つのアプローチは独立したものであるということでしょう。トナーもリサイクルするという発想を盛り込むことができるため、環境調和を目指す企業努力としてさらに貴重なものになる可能性を秘めています。